東京ビルディング  ( 事務所 )

特定建築物概要

建築物環境計画書 作成時期完了 
特定建築物の名称東京ビルディング 
特定建築物の所在地東京都千代田区丸の内二丁目3番2、5番1 
特定建築主氏名三菱地所株式会社 取締役社長 木村 惠司 他2名 
住所 〒100-8133
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル 
設計者氏名株式会社三菱地所設計 副社長 伊藤 肇 
住所 〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-2-3 
施工者氏名鹿島建設株式会社 東京支店  
住所 〒107-0051
東京都港区元赤坂1-2-7 
新築・増築の区別新築 工事期間(予定)
工事着手工事完了
平成15年10月1日 平成17年10月4日 
敷地面積8,090.76 ㎡ 建築面積5,677.91 ㎡ 延べ面積149,339.85 ㎡
用途別床面積住宅0.00 ㎡ 集会所等0.00 ㎡
ホテル等0.00 ㎡ 工場等(駐車場を含む)11,556.42 ㎡
病院等0.00 ㎡ その他() 0 ㎡
百貨店等0.00 ㎡ () 0.00 ㎡
事務所等127,238.93 ㎡ () 0.00 ㎡
学校等0.00 ㎡ () 0.00 ㎡
飲食店等10,544.50 ㎡ () 0.00 ㎡
建築物の高さ164.10m(最高高さ) 階数地下4階、地上33階、塔屋1階 
構造地上:鉄骨造、地下:鉄骨鉄筋コンクリート造+鉄骨造 

▼ページトップ

環境への配慮のための措置の概要

 
本計画建物は、特に東面の外装面積が大きく、この面の熱負荷を抑える上で、Low-Eガラスを採用する等の工夫をしている。また、縦に深いリブの 
カーテンウォールを採用することでも日射を遮蔽する効果を上げている。また、西側コア面には、壁面緑化を行い、外部熱環境の改善に寄与する形 
となっている。  
また、各設備計画により、以下のような省エネルギー・省資源化により環境負荷の低減に寄与している。 
 ・電気設備では、昼光制御、初期照度補正制御、タイムスケジュール制御をシステム化して省エネルギーを図る。 
 ・空調設備では、外気冷房、搬送設備の台数制御・変流量方式、変風量送風等の採用により、省エネルギーを図る。  
 ・衛生設備では、節水器具の使用による水量の削減と、雑排水・機械排水・雨水等の処理水を便器洗浄水に使用する水循環により 
 ・上水使用量を削減し省資源を図る。更に、雨水貯留・排水貯留による流出の抑制により、公共下水道への負荷軽減・平準化を図る。 
 ・ 制御・機能の最適化の確認を行うため、省エネルギー省資源の解析を行い、結果に基づいた改善調整を行った。 
以上のように、エネルギー使用の合理化、資源の適正利用、自然環境の保全に努める。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼ページトップ

棒グラフによる環境配慮の措置の評価

Ⅰ.建築物の熱負荷の低減 建築物の形状・配置 外壁・屋根の断熱窓部の熱負荷の低減 0点
Ⅱ.自然エネルギーの利用自然エネルギーの直接利用2点
自然エネルギーの変換利用0点
Ⅲ.省エネルギーシステム設備システムの省エネルギー1点
最適運用のための計量及びエネルギー管理システム2点
地域における省エネルギー地域冷暖房等1点
Ⅵ.エコマテリアル再生骨材等利用0点
混合セメント等利用0点
リサイクル鋼材利用0点
オゾン層の保護等断熱材用発泡剤1点
空気調和設備用冷媒1点
Ⅴ.長寿命化等維持管理、更新、改修、用途の変更等の自由度の確保2点
躯体の劣化対策適用なし
短寿命建築物の建設資材の再使用対策等適用なし
Ⅵ.水循環雑用水利用1点
雨水浸透1点
Ⅶ.緑化地上部における樹木の植栽等に係る事項0点
建築物上における樹木、芝、草花等の植栽に係る事項0点
建築物上における樹木の植栽に係る事項1点

▼ページトップ

エネルギー使用の合理化

Ⅰ.建築物の熱負荷の低減

建築物の形状・配置・外壁・屋根の断熱 窓部の熱負荷の低減

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/2

建築物の形状及び配置に係る事項南北に長い敷地のため、建物の平面形状も長方形としている。                                主な事務室を東向きに取り、熱負荷の大きな西側にはコアを配置した。  
外壁及び屋根の断熱に係る事項外壁PC版、アルミカーテンウォール
屋根アスファルト防水コンクリート押え外断熱工法(発泡ポリスチレンボード 厚30mm)    
窓部の断熱に係る事項Low-Eペアガラスの採用    
窓部の日射遮へいに係る事項東西面の縦リブによる日射負荷低減 (出幅 D=600mm)
その他の事項概要なし
詳細 
主たる外壁の仕様位置及び方位東面:サッシ打込PC フッ素樹脂焼付塗装 厚205mm。 南面:アルミカーテンウォール フッ素樹脂焼付塗装、枠見込215mm 
断熱材吹付硬質ウレタンフォーム断熱材(熱伝導率0.0205W/mK) 
厚さ15.00 mm
熱貫流率1.37 W/㎡・年
屋根の仕様断熱材発泡ポリスチレンボード(熱伝導率0.028W/mK) 
厚さ30.00 mm
熱貫流率0.93 W/㎡・年
窓部の仕様窓面積の外壁面積比46.57 %
ガラスの種類Low-Eガラス 厚8mm+空気層12mm+Low-Eガラス 厚10mm 
ブラインドの有無 有  
開口部の日射遮へい係数0.36 
PALの値277.30 MJ/㎡・年
PALの基準値300.00 MJ/㎡・年

▼ページトップ

Ⅱ.自然エネルギーの利用

自然エネルギーの直接利用

取組状況の評価 (評点/最高点) 2/2

自然採光を利用したシステムに係る事項屋内貫通通路のトップライト利用(1F~3F吹抜) 
風を利用したシステムに係る事項ダクトを利用した自動制御(VAV)により、各階給気・屋上排気による開口部の開閉を行い、 
事務室内のナイトパージを行った。 
パッシブソーラーシステムの利用に係る事項なし 
地中熱の利用に係る事項なし 
その他の事項なし 
再生可能エネルギーの利用に伴う年間一次エネルギー消費量の低減量エネルギー種別 
低減量0.00 MJ/年

▼ページトップ

自然エネルギーの間接利用

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/2

太陽光発電設備に係る事項利用の有無 無  
利用形態 
太陽光発電による容量0.00 kW
設置面積0.00 ㎡
太陽熱を利用したシステムに係る事項利用の有無 無  
利用形態 
太陽熱利用による容量0.00 kW
設置面積0.00 ㎡
その他の事項なし 
その他の再生可能エネルギー利用の仕様及び容量等 
年間再生可能エネルギー利用量0.00 MJ/年

▼ページトップ

Ⅲ.省エネルギーシステム

設備システムの省エネルギー

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/2

空気調和の熱源側設備

設備の概要チェックなし電気
チェックあり都市ガス  
チェックなし 
チェックあり地域冷暖房 冷熱は冷水を受入、温熱は蒸気を温水に熱交換して利用。 
チェックなしその他
 
機器の選定プレート熱交換器(地域冷暖房用)                                          空冷パッケージエアコン(電気式ヒートポンプマルチ形) 
設備機器のシステムの構築に係る事項冷熱については、低層部分は冷水の直接利用を行い、中層・高層部分は、地下4階及び4階にて熱交換して2次側ポンプの台数制御を行った。また、各空調機は2方弁により変流量制御を行った。 
温熱については、低層・中層・高層部分は、地下4階及び33階にて熱交換して2次側ポンプの台数制御を行った。また、各空調機は2方弁により変流量制御(VWV)を行った。 
冷熱源の容量(kW)4,185.40 kW
冷熱源の容量(kW/㎡)0.0466 kW・㎡
温熱源の容量(kW)16,537.20 kW
温熱源の容量(kW/㎡)0.0187 kW・㎡
熱源機器の構成冷熱:プレート熱交換器x6台、温熱:シェル&チューブ熱交換器x6台 空冷パッケージエアコン      
コージェネレーションシステム(導入している場合)形式なし 
排熱利用の有無 無  
利用先なし 
発電容量容量0.00 kW
台数0.00 台
発電効率0.00 kW
発電割合(発電容量/契約電力量)0.00 %
排熱利用率0.00 %
総合効率0.00 %
蓄熱槽(導入している場合)形式なし 
蓄熱槽設置場所なし 
蓄熱容量0.00 立方メートル
蓄熱量0.00 MJ
ピーク負荷日の夜間移行率0.00 
その他の事項概要なし 
詳細 

▼ページトップ

空気調和の二次側設備

設備の概要インテリアゾーン各階7台の分散空調機を設置して天井ダクト吹きとし、1スパン毎に可変風量(VAV)装置を設置した。 
ペリメータゾーン冷房はインテリアゾーンと同じ空調機による天井吹き出しとし、暖房時には、コイルユニットを経由した温風を窓台より吹き出した。 
空気調和負荷の低減に係る事項各階空調機単位に外気冷房を行った。立上り運転時外気カットを行った。事務室内のCO2濃度を計測し取入れ外気量を制御した。事務室内温度による吹出温度制御(最小送風時)を行った。屋内貫通通路は、居住域の冷暖房とし、夏季の熱溜まりの排気と冬季の上部熱を居住域に利用した。 
送風のための動力の低減に係る事項事務室内温度により可変風量(VAV)装置の開閉をし、その開度を加重して送風ファンのインバーター制御(変風量)を行った。 
その他の事項事務室の廊下部分の空調は、事務室の余剰排気を利用して冷暖房を行った。(カスケード利用) 
年間空調消費エネルギー量53,382,100.00 MJ/年
年間空調仮想空調負荷46,928,100.00 MJ/年
空調負荷基準値1.50 

▼ページトップ

機械換気設備

設備機器のシステムの構築に係る事項事務室階は各階毎の局所換気により排気した。駐車場は、ダクトレス換気による1種換気を行った。 
制御のシステムの構築に係る事項電気室諸室は、温度センサーによるON-OFF運転を行った。駐車場は、一酸化炭素センサーにより、ファンの回転数制御を行った。 
その他の事項冷房期を除いて、電気室換気を機械室換気に再利用するカスケード運転を行った。 
年間換気消費エネルギー量11,028,500.00 MJ/年
年間仮想換気消費エネルギー量11,833,600.00 MJ/年
換気消費エネルギー基準値1.00 

▼ページトップ

照明設備

設備機器のシステムの構築に係る事項高効率照明器具(Hf型蛍光灯器具など)を設置した。 
制御のシステムの構築に係る事項事務室内の調光制御を行った。また初期照度補正制御を行った。タイムスケジュール制御により、消灯した。 
その他の事項なし 
年間照明消費エネルギー量36,221,822.99 MJ/年
年間仮想照明消費エネルギー量45,938,452.52 MJ/年
照明消費エネルギー基準値1.00 

▼ページトップ

給湯設備

給湯方式飲用と洗い物用を分離し、それぞれ貯湯式電気湯沸器により個別給湯とした。 
給湯温度60.00 ℃
設備機器のシステムの構築に係る事項配管保温 グラスウール 厚20mm (国交省 標準仕様書に準拠) 
その他の事項ウイークリータイマーにより電気湯沸器をON-OFFさせた。 
年間給湯消費エネルギー量0.00 MJ/年
年間仮想給湯負荷0.00 MJ/年
給湯消費エネルギー基準値0.00 

▼ページトップ

エレベーター設備

設備の概要ロープ式 
その他の事項動力(モーター)制御方式は可変電圧可変周波数(インバータ)制御である。又運行の全自動群管理を行った。 
年間エレベーター消費エネルギー量5,771,200.00 MJ/年
年間仮想エレベーター消費エネルギー量11,620,800.00 MJ/年
エレベータ消費エネルギー基準値1.00 

▼ページトップ

エネルギー利用効率化設備

採用した手法なし 
容量・効果等 

▼ページトップ

全体

設備システム全体のエネルギー利用の低減率(ERR)23.65 %
エネルギーの使用の合理化に関する性能の目標値(ERR) %

▼ページトップ

最適運用のための計量及びエネルギー管理システム

取組状況の評価 (評点/最高点) 2/2

電気、ガス及び冷温熱のエネルギーの量並びに給水量の計量設備の系統別の設置に係る事項概要電気、給水の計量は、上水と雑用水のそれぞれにつき事務所・店舗・共用の各系統毎に行った。更に、空調加湿用給水の使用量の計量を行った。 冷温熱は、事務所・店舗・共用の各系統毎で2次側ポンプのゾーン範囲の計量・計測を行った。 
詳細 
BEMSの導入に係る事項概要BEMSを導入し、設備機器の監視制御・設備管理・エネルギー管理のための機能を有した。また、制御・機能の最適化の確認を行うため、省エネルギー省資源の解析を行い、結果に基づいた改善調整を行った。各計量計測データを収集・出力し、報告書を作成した。 
詳細 
その他の運用上の事項概要なし 
詳細 

▼ページトップ

地域における省エネルギー

地域冷暖房等

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/1

地域冷暖房区域の指定の有無 有  
地域冷暖房の熱の受入れの有無 有  
その他のエネルギーの効率的利用を行うシステム 
地域冷暖房区域の名称丸の内2丁目地区地域冷暖房区域 
契約容量蒸気3,600.00 kW
温水0.00 kW
冷水9,500.00 kW

▼ページトップ

資源の適正利用

Ⅳ.エコマテリアル

再生骨材等利用

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/1

再生骨材等を利用したコンクリート等の使用の有無 無  
種類チェックなし再生骨材  
チェックなしその他  
 
利用部位 

▼ページトップ

混合セメント等利用

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/1

混合セメント等の利用の有無 無  
種別チェックなし高炉B種  
チェックなし高炉C種  
チェックなしフライアッシュB種  
チェックなしフライアッシュC種  
チェックなしその他  
 
利用部位 

▼ページトップ

リサイクル鋼材利用

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/1

リサイクル鋼材の利用の有無 無  
構造材料への利用の程度チェックなし大半の部位に利用  
チェックなし特定の部位に利用  
利用部位 

▼ページトップ

エコマテリアル利用

エコマテリアル利用概要室内の建材、塗装等には、ホルムアルデヒドの発生を抑えるため、JISもしくはJASによる表示区分 
F4ッ星、3ッ星の建材を使用し室内環境に配慮した。 
 
詳細同左 
 
 

▼ページトップ

オゾン層の保護等

断熱材用発泡剤

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/1

主として使用する断熱材の種類硬質ウレタンフォーム、ポリスチレンボード 
発泡剤を利用している断熱材の有無 有  
発泡剤の種類チェックなしハイドロクロロフルオロカーボン  
 
チェックありその他  
HFC-245fa/HFC-365mfc 
オゾン層破壊係数0.000 
地球温暖化係数950 

▼ページトップ

空気調和設備用冷媒

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/1

採用した空気調和設備の冷媒の種類1種類R410A(HFC) 
利用場所清掃員控室、ロッカー室、運転手控室、EV機械室等:(電気式ヒートポンプエアコン) 
151.50 kg
オゾン層破壊係数0.000 
地球温暖化係数1,980 
採用した空気調和設備の冷媒の種類2種類R407C(HFC) 
利用場所管理諸室(仮眠室、会議室、B2駐車場):(電気式ヒートポンプエアコン) 
13.00 kg
オゾン層破壊係数0.000 
地球温暖化係数1,650 

▼ページトップ

Ⅴ.長寿命化等

維持管理、更新、改修、用途の変更等の自由度の確保

取組状況の評価 (評点/最高点) 2/1

維持管理の容易性に係る事項概要主配管の将来用予備スリーブ及び更新用スリーブの確保と主配管(立て管)の2重化を図った。主要機器類の予備スペースを確保した。ポンプ類は、予備機を設置することで修繕更新を容易とした。 
また、屋上にテナント用設備機器スペースを確保、フレキシビリティを高めた。空調機等は、共用部よりの点検ルートを確保し、フィルター等のメンテナンスを容易とした。低層・中層・高層のゾーン分割を行うと同時に、密閉回路で脱気装置を設置することによる配管腐蝕防止の長寿命を図った。 
詳細 
 
 
 
更新、改修、用途の変更への対応に係る事項概要コア内貸室をヘビーデューティーゾーン(高荷重域)の想定とし、荷重(800Kg/m2)対応とした。 
事務室内天井は、システム天井のモジュール対応(3,600×3,600mm)とした。 
OAフロア高を大きく取れる高い階高のフロアを設定した。 
階高(基準階部分)4.25 m
天井高(基準階部分)2.80 m
OAフロア高(基準階部分)15.00 cm
設計荷重(基準階部分)500.00 kg/㎡

▼ページトップ

躯体の劣化対策

取組状況の評価 (評点/最高点) 適用なし

水セメント比に係る事項55 %以下
かぶり厚さに係る事項概要主要鉄骨造のため該当しない。 JASS5の設計標準値によるかぶり厚さを確保した。(地下部、外構部)                                  
詳細 
躯体の保護に係る事項概要外構等の外部露出コンクリートについては、石張りを行った(現場張り) 
 
詳細 
 
鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造以外の構造における躯体の耐久性の向上に係る事項概要制震対策等により耐震性を向上させることにより、耐久性も向上させた 
詳細 

▼ページトップ

短寿命建築物の建設資材の再使用対策等

取組状況の評価 (評点/最高点) 適用なし

構造材の再使用及び再生利用に係る事項概要該当しない 
詳細 
内装材及び外装材の再使用又は再生利用に係る事項概要該当しない 
詳細 

▼ページトップ

Ⅵ.水循環

雑用水利用

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/1

雑用水の利用の有無 有  
雑用水の利用方式チェックあり個別循環  
チェックなし地区循環  
チェックなし広域循環  
チェックなし工業用水利用  
チェックあり雨水利用  
広域循環方式による再生水の供給区域の内外 外  
再生水の供給エリア名 
原水種別(個別循環方式、地区循環方式又は雨水利用方式の場合)チェックあり洗面所及び給湯室排水  
チェックなし冷却水  
チェックなし厨房排水  
チェックなしプール排水  
チェックあり雨水  
チェックありその他  
機械排水、ドレン排水 
利用先チェックあり便所洗浄水  
チェックなし散水用水  
チェックなし修景用水  
チェックなしその他  
 
個別循環方式、地区循環方式、雨水利用方式の場合処理方式膜分離活性汚泥法 
計画水量256.20 立方メートル/日
雨水利用の場合貯留槽(沈砂槽を含む。)容量122.80 立方メートル
集水面積3,822.12 ㎡

▼ページトップ

雨水浸透

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/1

敷地の状況当該敷地は南北に長く平坦な形状をしており、地質は良好である。地下水位はGL-11m                     
雨水浸透の方法チェックなし雨水浸透ます  
チェックなし雨水浸透トレンチ  
チェックなし透水性舗装  
チェックあり地表面の緑地化  
チェックなしその他  
千代田区との協議による雨水流出抑制対策量(405.7m3)を確保した。 
雨水浸透量52.60 立方メートル
雨水浸透の能力21.80 mm/時

▼ページトップ

自然環境の保全

Ⅶ.緑化

緑の量の確保

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/

東京における自然の保護と回復に関する条例チェックあり第14条に該当  
チェックなし第47条に該当  
チェックなし第48条に該当  
地上部における樹木の植栽等に係る事項南北部分の豊富な植栽、東側路面部の植栽。                                 具体的には、南側カツラ11本、北側はリョウブ5本、シマトネリコ3本、東側はシマトネリコ5本、カツラ6本、フィリフェラオーレア719株      
地上部の樹木の植栽等のなされた部分の面積(A)2,631.00 ㎡
東京における自然の保護と回復に関する条例施行規則の基準面積(B)2,274.00 ㎡
東京における自然の保護と回復に関する条例施行規則の基準に対する割合(A/B)115.69 %

取組状況の評価 (評点/最高点) 0/1

建築物上における樹木、芝、草花等の植栽に係る事項低層部2・4Fテラス部分に植栽。具体的には、シマトネリコ23本。      
建築物上の樹木、芝、草花等の植栽のなされた部分の面積(C)1,561.00 ㎡
東京における自然の保護と回復に関する条例施行規則の基準面積(D)867.00 ㎡
東京における自然の保護と回復に関する条例施行規則の基準に対する割合(C/D)180.04 %

取組状況の評価 (評点/最高点) 1/1

建築物上における樹木の植栽に係る事項植栽の有無 有  
概 要落葉高木を植栽。具体的には、シマトネリコ23本。 
建築物上の樹木の植栽のなされた部分の面積(E)259.00 ㎡
東京における自然の保護と回復に関する条例施行規則の基準面積(F)173.40 ㎡
東京都建築物環境配慮指針別表第一の基準に対する割合(E/F)149.30 %

▼ページトップ

動植物の生息・生育環境への配慮

動植物の生息・生育環境への配慮概要特になし 
 
 
詳細 
 
 

▼ページトップ

外部熱環境の改善

地上部及び建築物の被覆への配慮

地上部及び建築物の被覆への配慮概要特になし 
 
 
詳細 
 
 

▼ページトップ

(問合せ先)
東京都環境局 都市地球環境部 環境都市づくり課 建築物係
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 第二本庁舎8階
TEL:03-5388-3536 FAX:03-5388-1380
メールによる問い合わせは↓
building@kankyo.metro.tokyo.jp